テューバ奏者の次田心平のブログ。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は納得!
2007年04月15日 (日) | 編集 |
今日はみなとみらいで展覧会の絵でした。

僕としては納得いく演奏で気持ちよく演奏できました。

でも、まだまだうまく吹けると感じたのでもっと頑張ろうと思います。

何にしても今回は特にいい経験ができました。

banner_031日1クリックにどうぞご協力ください!




コメント
この記事へのコメント
展覧会の絵はすばらしかったです。昔、吹奏楽でやったことありますが、チューバのあれほどの高い音を聴いたのは初めてでした。しんぺいさん、結構苦しくありませんでした。TPでも高い音出し続けると、顔が真っ赤になってきますけど、、
2007/04/15(日) 13:57:03 | URL | ほらがい #-[ 編集]
上はG♯の音でした、高い部類に入りますがもっと高い音が吹けるようになれば意外にそこまできつくはないんです。
ただ、ずっと休みがあって3オクターブ以上離れた音を吹いてからあのソロ吹くのが結構厄介なんですよね。TPでは東フィルの憲一さんは顔が全く赤くならないんですが本人にその話をしたことがあったんです。そしたら、顔が赤くなるのは息が素直に入ってないから。だから赤くならないように意識しているとのこと。有言実行であの人はハイトーンがすごいんですが全くきつそうに聴こえないんですよね。僕もそれを目指して日々精進中です。
2007/04/15(日) 18:17:01 | URL | しんぺい #-[ 編集]
以前、吹奏楽聞いたとき、だいぶ後ろにすわってましたが、Tpの人だんだん顔赤くなってくるのがはっきりわかるんですね。有言実行ですか、いや、できてしまうのがすばらしいですね!!
2007/04/15(日) 23:43:08 | URL | ほらがい #-[ 編集]
元シカゴ響の天才Tp奏者ハーゼス氏を顔を赤くしているのに、柔らかく輝かしい音色を出していました。白人だから赤い顔が目立つのかな???
ヴィドロのソロはユーフォニウムを使う場合もありますね。(今日のN響アワーでも演っていた・・・。)あの艶のある甘い音色は捨てがたいし、チューバの名人芸も魅力的だし。。。
結局、両方良いのです(笑)。

ちなみに私は学生時代はB♭管でトライしようとして、空中分解してしまい、ユーフォニウムで逃げました。その割には評判もそこそこで、複雑な気分でしたが・・・。
2007/04/16(月) 00:26:40 | URL | さと #-[ 編集]
白人だと目立つでしょう。顔が赤くなることは止められないと思います。肺活量の大きい方が赤くならないんでしょうかね?高校の時のチューバの人は、ソロとかやらなかったので、はじめてチューバのソロ聴いて凄いと思いました。

今年、自分がいた高校の定演にいった時、ラデッキーでもTpの子は顔が赤くなってました。さすがうまいとうれしくなりました。3部もやるので休み休みやらないと、生徒はへとへとになると指揮者の人がいってました。
2007/04/16(月) 04:06:39 | URL | ほらがい #-[ 編集]
うちのオケでやった時は、ビドロはユーフォでした。でも個人的にはテューバの音色で吹いてもらうほうが好きです(^o^)
2007/04/16(月) 23:09:28 | URL | アルマ@携帯 #51zrptgg[ 編集]
ほらがいさん&さとさん>赤くなるのって不思議ですよね。
恥ずかしくて赤くなることもありますからね。僕が思うに口を手でふさいで速い息を出し続ければ息の行き場を失って顔が赤くなりますよね?それに近いような状態なんじゃないかと思います。まあ、結論から言えばどんな状態でもいい音で吹けてたらいいですよね。

アルマさん>どっちの楽器でもその楽器の良さが出ますよね。
全国で統計をとったら五分五分位かも知れないっすね。
2007/04/20(金) 23:34:28 | URL | しんぺい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。